人気ブログランキング |

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フランス&スペイン旅行~その14~

バスの出る時間10分前にバス最寄りのDrassanes駅に到着。
まさかの事態、、、

きゃーーちょっとぉ、、、わからないんですけどぉぉ、、
いやまって私。えっと、あの銅像があそこにあるからこっちで間違いないはず。
えーーホテルの人が迷わなければ直ぐって言っていたけれど
これって迷子???ぎゃー出発時間が迫ってる。。
えー誰もいないし、、、もうちょっと歩いちゃう?
おじいちゃんに聞いちゃおうか。聞いちゃう?聞いちゃった方が早いよね。
でもスペイン語で聞けない。。
でも聞こう。

と一人バルセロナの空の下葛藤しながら地図を出し、
バスが出る場所はここであってますか?
と尋ねたら、
うんあってるよ、もうちょっとあっちね。
と教えて頂き、グラシアス☆
少し戻ると、ちょっとした集団を発見!
お姉さんが「大丈夫だよ~」と英語で言いながら、近づいてきます。
印刷したものを見せて「あってる?」と聞くと
親指を立てて「あってる!」と言われ、一安心。
や~だぁ~~私ったらやっぱり地理感覚ありじゃな~い♪と自画自賛しながら
5分程皆でバスを待っていると、バス到着。

ぞろぞろと乗り込みます。
本日、日本人のお客さんは5名。
新婚カップル・普通の?カップル・私・・・ははは。(;一_一)
他は、他国の方々でした。

バスに乗り15分程でスタジアムが見えます。
でも!でもでもここからが大変。毎試合運転していると言う運転手さんでも
どの駐車場に停めるかがなかなか決まらない。
スタジアム周辺をぐるぐる回り、ある駐車場へ。
既にかなりの台数のバスが停まっていてさすがバルサのホーム試合!という感じです。

バスを降りる時にスペイン語で
試合が終わったら30分後に出発するので、市内まで戻りたい人はここに来て!
というようなこと(↑適当に訳。なぜって私はスペイン語が分からないから。。。)を言って
下ろしてくれました。案内にもこのようなようなことが書かれていたし。
取りあえず数字は聞きとれたので。
日本人の新婚さんに「今、なんて言ったんですか?」と言われ、
たぶん(↑これ)だと思います。
と伝えて、「そっかそっか。」と確認。新婚さんと共にスタジアムを目指します。
私は新婚さんの良い席とは違い、ゴール裏なので外側の入り口(セキュリティー門)
からして違うので直ぐにバイバイです。

露店(たぶん公式のグッズ屋さん)でポンチョを購入。
カンプ・ノウは、場内に入るとグッズ屋さんがないので、
グッズを購入するのなら買うなら外でのみです。
なので、たぶん公式。(結構何でも売っています)
ポンチョ、お兄さんの手元にあるブルーを渡されたので、
赤が良い!」と自己主張をして交換してもらい
赤購入。
4€だったはずです。
これ、抜群。
雨の日の観戦に力発揮しまくりです。
日本のコンビニで売っているレインコートはとっても丁寧に造られていて
ポチっと止める部分もあるのですが、薄い=大量の雨だと染みてくる。のですが、
ここは海外。
丁寧な造りなんて一切しておらず、
かたちとしては、すごく厚手の工業用?ビニールを袋状にして
顔の部分を開けただけ。
なのに、日本のものとは比べものにならないくらいに水を弾くのです。
ダダ雨でも問題なし^o^b最高~☆

ただ難点が、、、日本のもののように丁寧に縫っていない為、
一箇所が切れると最後・・・・手で押さえるしかありません。(経験者)
それでも一試合を観るにはなんの問題もなく、
大雨の中傘を持っていない親子に傘を貸して上げれるくらい雨には強い。
カンプ・ノウでサッカー観戦の際、
雨の予感でしたら露店でポンチョを買うことをオススメします!

さてさて、スタジアムに到着してもまだまだ時間があります。
そこで次に取った行動とは。。。

by obentou-time | 2013-08-26 14:16 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その13~グエル邸へ行ってみる☆

即ホテルに戻ります。
チケットを持って、防寒用のレインコートを羽織り出発!

出発前に、ホテルの人にスタジアムバスの出る場所の確認の為、
ここ(地図を見せて)行きたいんですけれど、駅から離れてますか?」と尋ねると
いや、間違わなければすぐだよ5分もかからないよ。」と教えて頂きます。
地理感覚は女子とは考えにくいくらいばっちりなので
大丈夫かな。と思い、出発です。^^

まだ18:00なので、もうひとつガウディの作品に立寄ります。
グエル邸。その名の通り、ガウディのパトロングエル氏の自宅です。
旧市街の傍にある為、スタジアムバスの出発地の手前にあり、
立ち寄ります。001.gif

18:00を過ぎていたので屋上には上がれないとのこと。
それでもOKなら入場可と伺い、「屋上はまた今度にするよ。」と言って
内覧だけさせて頂きます。

個人宅らしく落ち着いた素晴らしい建物です。
全体的に内装が暗いので、写真も自然と暗くなってしまいます。
ごめんなさい。

c0167153_1492157.jpg

グエル邸に入ると、まずこちらの階段が迎えてくれます。

c0167153_149596.jpg

床の寄木も素敵です。
c0167153_14102698.jpg

c0167153_14105576.jpg

天井もほら。

c0167153_14111047.jpg

こちらは通りに面したお部屋です。

c0167153_14115420.jpg

こちらは、邸宅内の礼拝の場所だったと記憶しています。

c0167153_14123521.jpg

そのお部屋から通り側を臨みます。

c0167153_1414158.jpg

こちらを通り上の階へ。

c0167153_14144630.jpg


c0167153_14153273.jpg

c0167153_14155215.jpg

c0167153_1416823.jpg

鉄の装飾が美しいです。

c0167153_14164894.jpg

c0167153_1417812.jpg

こちらの建物で有名なのは、2Fの天井にある星が降ったような天井。
内装のダウンしたライトと対照的でキラキラしていてとてもきれいでした。
昼間でも星空☆

c0167153_14174686.jpg

天井が少し和風に見えたり^^

c0167153_14182818.jpg

この壁。なぜだか惹かれました。

c0167153_1420859.jpg

美しいですね。うっとりしてしまいます。

c0167153_14214590.jpg

最上階はこんなに明るくてびっくり。
c0167153_14222989.jpg

昔建物についていたもののようです。

c0167153_14231853.jpg

雨除けの装飾。
外には普通のバルセロナの風景が広がります。

c0167153_14253279.jpg

最上階はやはり建物の中では近代的。

c0167153_14262048.jpg

帰りの階段の上にはこんなかわいいマークが♪
天井低いから頭ぶつけないようにね!
の意味ですねきっと☆

c0167153_14271472.jpg

c0167153_14274476.jpg


c0167153_14282830.jpg

外から地下に入る道。

こちらは、中から地下に入る道。
c0167153_14291343.jpg

どちらも進入は禁止でした。

1F奥のお部屋の天井も綺麗。
c0167153_1430784.jpg



c0167153_14303444.jpg


ガウディの作品を見ていて思うのは、
光と影の使い方がとても素敵だということ。
影の計算もしっかりとされていて、邸宅そのものキャンバスのように感じます。
その影の主役になるのは、ガウディが得意だった鉄の装飾。
階段や柵や諸々。暗闇の中、ライトの光を受け、
影になるその姿はとても神秘的で美しいなと感じます。

時間がない為、バタバタと出発。
それでも、堪能をしました。

c0167153_1431761.jpg

c0167153_14313351.jpg

c0167153_14315813.jpg


グエル邸
住所:Carrer Nou de la Rambla, 3-5
    08001 Barcelona Indicacions ‎
電話:341 934 72 57 75
最寄りの駅:地下鉄3号線Liceu駅
詳しくはこちらhttp://palauguell.cat /come-palace-japanese
開館10:00-20:00(夏季)/10:00-17:30(冬季)

by obentou-time | 2013-08-23 14:33 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その12~サグラダ・ファミリアに登りました!

その後、工事中の現場を見て回り、
c0167153_13443377.jpg


もう一つの建物に移ろうとしたその時、
雷がなり、一気にどしゃぶりの雨。
c0167153_13452177.jpg

c0167153_1345351.jpg

寒い~~~
それもそのはず、雨から雹へ・・・
c0167153_13463299.jpg

建物の淵の白い雹、見えますか??


でも何故だか持ち歩いていた折り畳み傘があったので
私は普通に傘をさして建物の間の屋根のないところを渡りましたが、
大半の方は持っていなかったみたいで立ち往生。
c0167153_13472169.jpg

螺旋の階段を降りながらも強い雨を目にし、皆渡れたのかしら?と心配になりました。
c0167153_13475770.jpg

ほら、水がこんなにも流れてる。。。

建物の中から見えるサグラダ・ファミリアは
こんな感じ。
彫刻がすぐそばです。

c0167153_13485760.jpg

c0167153_13492795.jpg

c0167153_1350043.jpg

c0167153_13501645.jpg

c0167153_13503461.jpg

c0167153_1351188.jpg

c0167153_13512821.jpg

c0167153_1352266.jpg

c0167153_13523499.jpg


長い長い階段を下りると、

c0167153_13532020.jpg

c0167153_13535290.jpg

c0167153_13542315.jpg


そこは先程乗ったエレベーターがあった扉の向い側の塔でした。

c0167153_13545249.jpg


ふぅー楽しかった。o^o^o
完成が待ち遠しいなと思います。
完成したらもう一度来よう。
そう、完成は2026年。

Temple Expiatori de la Sagrada Família住所:Carrer de Mallorca, 401 08013 Barcelona
電話:34 935 13 20 60
最寄りの駅:地下鉄5号線「Sagrada Família」駅
詳しくはこちら(http://www.sagradafamilia.cat /sf-eng/?lang=0

by obentou-time | 2013-08-22 13:56 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その11~サグラダ・ファミリアの中へ☆

c0167153_14113097.jpg

傍まで行ってみると、やっぱり長蛇の列。008.gif
サグラダ・ファミリアの回りを囲んでいる入場者達の最後尾に並び、
順番を待ちます。

日焼け止め、塗り忘れた・・・

と、後悔しながら強い日差しの下待つこと20分。
意外と早く入れて、ほっと一安心です。

せっかく来たのだから、もちろんエレベーターで上層階に行き、
見学をしようと思い受付のお兄さんに伝えると、、、
なんとエレベーターが1時間半待ち・・・(;_;)
19:00には、サッカースタジアム行きのバスが出てしまう。。
困った、、でも登りたい!
そう思い、意を決し、「1時間半待ちます!」と伝えたら
お兄さんが何やらCPをごそごそ。
んじゃ、これね」と渡してくれたチケットには、
なんと45分後にエレベーターに乗れる権利の表示が!!
きゃーーーーーーお兄さん!!!なんて良い人なの!!
もぉー好きになっちゃうよ~
グラシアス!」と伝えて入場です。

c0167153_1412357.jpg


あーこちらの門は、地味な方の門だ。
と思いながら入場。あの素晴らしい彫刻の門はどこなんだろう。。

入場。EV乗り場発見。後でここに来ればよし。
c0167153_14124074.jpg


中へ。
正直なことを言うと、外の方が感動。
でも独特な作りとステンドグラスからの光によって幻想的。
たぶん、感動が少ないのは、普通の教会のような静けさがないから。
普通に観光地。イギリスセントポール大聖堂とかだって観光客が多いけれど
こうゆうTHE観光地な空気ではないので、
感動もひとしおだった。今は感動がちょっと薄い。
(いや、作品は素晴らしいのです。でもなんというか、外の様子と
中の様子にギャップがあるというか、、、)

そんな印象の中、くるくると回り見学。

c0167153_14141635.jpg

c0167153_14154695.jpg

光が美しく入ったり
c0167153_14161461.jpg

地下の礼拝堂も様子が見れます。
c0167153_14165759.jpg

c0167153_14174766.jpg

きれい。
曲線と光の魔術師。
c0167153_14183839.jpg

逆さ吊りもはっきりとわかりますよね。
c0167153_14192690.jpg

c0167153_1420337.jpg

中央祭壇には背後からの光。

外にも出て見たりしてあの素晴らしい門も見学。
c0167153_14205760.jpg

c0167153_14214686.jpg

c0167153_14221618.jpg

c0167153_14224458.jpg


感動ーやっぱり中よりも外に感動。
日本人の彫刻家(外尾悦郎さん)がこの責任者なんだと思うと感動ひとしお。
匠の技に感服。

まだ時間に余裕があると思いながら礼拝の席につくと
気持ちがしーんと落ち着くもので、
ゆっくりとした時間を堪能しました。
c0167153_14234887.jpg

c0167153_14242663.jpg


時計との戦い。時間だ!と思い、EVへ。
係員さんに「あーあなたのチケットはね、こっちのエレベーターじゃなくて
向こうの扉を出たところにあるエレベーターのだね。
」と言われ、焦る。。
だって、ここの教会真ん中に道がないので大周りなの。

走って対角線上に。
外にいる係員のお姉さんにチケットを見せて、「EVはどこですか?」尋ねると
あそこの赤いビブスを着た人は見える?」「うん」「あの人が係だよ
と教えて頂き、向かいます。なんと二番目。005.gif
日本人の私は時間を守るのです。045.gif
待っていると、待機所(外)からEVのあるところの説明を受けます。
あなた、一番上の段で待っててね」と言われ「りょうかい!」と、
開き方がちょっと近未来な感じの(でも古い)EVが開き、入ります。
中にいたお姉さんが「みんな英語は大丈夫?」と聞いてくれて皆OK
簡単な説明と順路を伺い、頂上到着です。

ここから教会内部を見ながら1Fへ向かいます。
工事中の様子を間近に見ながらのサグラダ・ファミリア見学!
わくわくです。

by obentou-time | 2013-08-20 14:32 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その10~

そして歩いてホテルへ。

レセプションの方が私を見つけてすぐに荷物を持ってきてくれて
部屋できてますよ」と教えてくれます。

お部屋に向かい、入るととっても素敵☆
わーー素敵だなぁと思って奥に進みます。
c0167153_148936.jpg

窓!窓の外を見ると!!

カサ・ミラ♪♪
071.gif
超ーーーーーーーーーー目の前!!!
c0167153_1492878.jpg

確かに、リクエストで「サカ・ミラViewで!」とは伝えたけれど
まさかの特等席!!!!
最高~~~~~~~~~~~~~~~~~♪
窓の外、カサ・ミラを見て少し目を横に向けるだけで
なんと!

c0167153_141035100.jpg

サグラダ・ファミリアまで見えます!
最高×2~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
きゃーー本当に最高ですよ!!!!!
071.gif071.gif071.gif

ここでじっとして居たい!
と思いつつも、私には時間がない!
30分程ぼーっとして、すぐさま外出です!
目指すは、サグラダ・ファミリア!!!
レセプションのお兄さんが「行ってらっしゃい。」と送ってくれて、
南ヨーロッパらしい強い日差しの中歩きます。

c0167153_14115671.jpg

これはなんだか、市のものだったような、、、
いまいち覚えていないでごめんなさい。

c0167153_14121231.jpg

c0167153_14125610.jpg

途中のアパートもとっても素敵。
絵になりますね。

ホテルの方が、10分くらいと言っていましたが、
全然10分じゃつかない。。。
ようやく、サグラダ・ファミリアの姿が少し見えてきました。
途中、こんなかわいいふくろうの看板を見つけたりしながら
楽しく歩きます。
パチリ☆
c0167153_14133690.jpg


c0167153_14144677.jpg

まだ歩きます。裏道なのであまり人に会いません。
バルセロナの治安の悪さを考えるとこの道どうなのかしら?なんて思いながら
ひたすら歩きます。

070.gif
070.gif070.gif
20分弱歩いて到着です。

c0167153_14164260.jpg

すると急に現れるのが、世界にその名を轟かせる
「Sagrada Família:サグラダ・ファミリア」
(正式名:Temple Expiatori de la Sagrada Família)
その大きさに貫録さえ覚えます。

青い空に映える教会。
まだ建築中なのにそれでも十分すぎる存在感。005.gif

公園を通り抜けて、いよいよ教会内部へ!

by obentou-time | 2013-08-16 14:20 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その9~カサ・バトリョ2

階段を上り、さらに上の階を目指します。
最上階に近づくとこんなにも美しい光に出会います。
c0167153_13294918.jpg

c0167153_13302036.jpg

c0167153_13305055.jpg

c0167153_13311933.jpg

c0167153_13313823.jpg


そしてそのさらに上は、屋上!
ガウディの作品の真骨頂ともいえる屋上です。
c0167153_13324119.jpg

c0167153_13331437.jpg

この煙突、まるで人の顔のよう^^
c0167153_13334585.jpg


c0167153_13352399.jpg

この立体十字架(正式名を忘れてしまいました。)
ガウディーの作品の屋根に見られるもので、特徴の一つだそうです。

c0167153_13421965.jpg

近くで見るとこんな感じ。
こちら側が表通りです。

帰りがけに貯水槽も見たのですが、、写真紛失です。
ごめんなさい。

c0167153_13431071.jpg

c0167153_13443959.jpg

扉もかわいい♪
この扉の上にある文字はガウディーの独特な文字だそうです。
各階にあります。

c0167153_1346252.jpg

ガウディー策の椅子たち。
出口近く(ショップ前)にありました。

そしてこちらが、前回「各階にありますよ」と書いた扉の中身(?)
c0167153_13482480.jpg


答えは、エレベーター。
木の素敵なエレベーターです。
通り過ぎるのを必死に取ったのでグダグダな写真でごめんなさい。。


入口頭上のランプも素敵♪
c0167153_13504419.jpg


入場する前に見た外観と見終わってからもう一度眺める外観。
c0167153_13514314.jpg

なんだか印象が違います。^^

高い!でもやっぱり入館しないと分からない
ガウディの作品。
個人宅を担当した建物は数か少ないですが、
その一つ一つが今でも個人所有の元(一部住んでいる物もあり)
ずっと守られて、多くの人に公開して下さるのは、
素敵なことですね♪

大満足のガウディー作品第一弾!
次なる建築物に大期待をし、ホテルに戻ります☆

by obentou-time | 2013-08-15 13:56 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その8~カサ・バトリョ1

ちょこっと並んでちょっと後悔。
何故って、拝観料がこんなに高いと思っていなかったので、
バルセロナパスを購入しなかった為、通常料金で入るはめに。。
(この後悔はこの後続くわけで・・・)
高っ!!
むむむっ。。025.gif

€20,35
オーディオガイドを聞いてみると、カサ・バトリョは
国や州の持ち物ではなく、個人所有にて公開をされているそうで、
修繕費や人件費なども、入場料から出しているそうです。
なので、入場料が高くても、仕方ないのですね。045.gif


さて、初めて触れるガウディの作品。
高い入場料も納得の作品です。
こんなに高いのなら、外観を見るだけでも満足かも?なんて
一瞬でも思ってしまったのが情けない。002.gif

これは、中に入らなくては、意味がない!
美しい作品に見とれてしまいます。
鬼才と言われるのはちょっと言葉が違うんじゃないかな?なんて感想を持つくらい
何とも美しく優美。
外観の荒々しさとはまた違った魅力です。

今日は1-2Fの内装をご案内です♪

by obentou-time | 2013-08-14 14:40 | 世界へGO!

フランス&スペイン旅行~その7~

とうとう到着。
初スペイン!

地中海に面した街にふさわしいまぶしい日差し。
かなり大きなターミナルでしたが、見る限りヴエリン航空機のみ
停まっているようです。
新しいターミナルなのでLCC専用(もしくはヴエリン航空専用)の
ターミナルのようでした。
ずーーーっと歩き。普通に外へ。
インフォメーションカウンターで日本語の地図を購入。&フリーの地図も貰い、
市内へ移動です。
ワクワクo(^o^)o

当初、電車で移動をしようと思っていましたが、よく分からなかった為、
バスで移動をすることにしました。
バス近辺にある自動販売機で事前にチケットを購入して、
(確かIC付きのカードでのみ購入OK!)
バスに乗ります。

バス近辺に人は沢山いるものの、チケットを持っていない人も多いので、
係員さんが「あなた、チケット持ってるから、優先!」と、
20人くらい飛ばして、私のことをバスに乗せてくれて、他の皆が
「チケットどこで買うの?」とそのお姉さんに聞いていました。
どうやら、先にチケットを買うということも、
聞かないと教えてくれないみたいです
ので、
バルセロナ空港から市内にバスで移動する人は、
事前購入をすることをお勧めします!

スペイン広場を経由し終点カタルーニャ広場へ
右も左も分からない状態で降り、
とりあえずメトロに乗ってホテルの最寄りの駅へ向かいます。
チケットの買い方もイマイチ分からないけれど、
前のイタリア人グループが、駅のボランティアの方に
何時間チケット(団体もOK)のものを勧められていたので、
団体ではないけれど、夜まで使えるなと思い、元が取れると判断して
そのチケットを利用することにしました。

チケット購入。駅に入る。電車に乗る。(スリに警戒)。電車を降りる。
良く分からないけれど近い出口に出てみる。
これまた良く分からないけれど、たぶんこの緩やかな坂を下る方にカサ・ミラや
泊るホテルがあるはず。と勘を頼りに道を下る。
もう、何から何まで分からないことだらけ。。

カサ・ミラ発見。
どーん。
c0167153_14144647.jpg

とりあえず外から撮影をしてみる。道を挟んで斜め向かいにホテル発見。
とにかくおのぼりさんなので、ホテルの前あたりからもカサ・ミラを撮影。
ホテルに入る。

今回のバルセロナ滞在は
「Condes de Barcelona」
URL:http://www.condesdebarcelona.com/
最寄駅: Diagonal

荷物を預けたいことを伝えるとレセプションのお兄さんに伝えると、
もう一人のレセプションの人が、「はい。これ。」と今夜の試合のチケットをくれます。
うふふ。037.gif
担当してくれているレセプションの方が、「チェックインしないの?」と。
だってこんな早い時間ダメでしょ?と思って聞いたら
フロアの清掃の方に連絡をしてくれて、なんだか嬉しそうにごにょごにょ話してる。
ちょっと照れ笑いしてる。

きゃっ、彼女?彼女なのその相手?なんて、心で思いながら
レセプションの方が電話を切るのを待ちます。
あと1時間で清掃が終わるよ」と教えてくれて、
そしたら観光してくるね」と伝えると、「ちょっと待って」と、
ホテルの宿泊者用のバルセロナ地図をくれます。
カサ・バトリョはここから2ブロック先ね。下って行くの。
この途中、海が見えるんだ。その景色が最高!一番のオススメ!
んで、サグラダ・ファミリア行くよね?こっち側通って行くこともできるけれど、
一番近いのはこの前の道をひたすらまっすぐ進むだけだよ!
と言いながら地図に線を引いてくれる)」
と、親切に地図にいろいろ書いてくれました。
ありがとう!!」と言い、その地図を持ってまずは目指すはカサ・バトリョ
荷物を預けて向かいます。

いよいよガウディの作品内に入ります!070.gif

by obentou-time | 2013-08-12 14:22 | 世界へGO!